カタログ請求 詳しくはこちらから リンクバナー

オンライン相談 詳しくはこちらから リンクバナー

無料相談会 詳しくはこちらから リンクバナー

設計士とつくるデザイナーズ住宅を、身近に、手軽に

カタログ請求 詳しくはこちらから リンクバナー

オンライン相談 詳しくはこちらから リンクバナー

無料相談会 詳しくはこちらから リンクバナー

メニューを開く

columnコラム

一覧へ

2024/07/05

注文住宅の断熱性能で室温や光熱費はこんなに違う!佐久市で差額をシミュレーション

電気・ガス・水道の光熱費を考える主婦

 

 

夢のマイホームを考えるとき、デザインや間取りだけではなく、できるだけ光熱費を抑えられる住宅性能も重視したいという方も多いでしょう。断熱性能が高ければ、光熱費を節約できますが、その分建築時のコストがかかるためバランスがむずかしいもの。どれほどの断熱性能を目指せば初期投資分を光熱費の削減分で回収できるのでしょうか。今回は、住宅の断熱性能を知るための基準とそれぞれの室温・光熱費を算出しています。検討中の方は参考にしてください。

 

断熱性能をはかるUA値

 

断熱材が付いた家の夏と冬のイメージ(文字なし)

 

 

住宅の断熱性能を表すキーワードのひとつがUA値です。UA値とは、窓や壁といった外皮から、家のなかにどれほど熱が出入りしやすいかを表しています。つまり、UA値が小さくなるほど、室温が外気に影響されにくい断熱性能が高い住宅といえるのです。

 

参考元:国土交通省|【参考】住宅における外皮性能

参考元:国土交通省|新築住宅の住宅性能表示制度かんたんガイド

 

住宅の断熱性能の高さが分かる3つの基準

 

住宅の断熱性能の基準には、いくつか種類があります。それが以下の3つです。

 

  • 省エネ基準
  • ZEH基準
  • HEAT20基準(G1水準~G3水準)

 

省エネ基準・ZEH基準・HEAT20基準という順番で、基準となるUA値が小さくなり、断熱性能が高くなっています。2050年までにカーボンニュートラルを達成するための取り組みとして、2025年には新築住宅の省エネ基準適合が義務化。2030年にはそれを上回るZEH基準が、新築の標準仕様として段階的に引き上げられる予定です。

 

参考元:国土交通省|住宅:ZEH・LCCM住宅の推進に向けた取組

参考元:一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会|HEAT20 外皮性能水準

参考元:国土交通省|住宅:令和4年度改正建築物省エネ法の概要

参考元:国土交通省|省エネ基準適合義務化

参考元:国土交通省|家選びの基準変わります

 

>>参考コラム:【全国ワースト〇位でした!】長野県の家は寒すぎる?データから見る断熱性能の重要性

 

佐久市周辺の地域区分とUA値は?

 

軽井沢 浅間山近郊

 

 

日本は地域によって、気温の差が大きくあります。そのため、全国を8地域に分け、それぞれの地域ごとに基準となるUA値が定められています。トモノが主に施工している佐久市・南佐久郡佐久穂町・北佐久郡軽井沢町のエリアについて、それぞれの地域区分とUA値をみていきましょう。

 

佐久市・南佐久郡佐久穂町は3地域に分類

 

佐久市は、標高700mほどにある佐久平駅の周辺に市街地が広がっています。夏の最高気温が35℃を超える日もある一方で、冬の最低気温が-10℃を下回る日もあるため、住宅の高断熱は欠かせません。

佐久市と接する南佐久郡佐久穂町は、日照時間の長さが特徴。年間の平均気温は10℃前後と、夏は涼しく過ごしやすい反面、冬は厳しい寒さへの対策が求められます。

そんな佐久市、佐久穂町は、函館市や青森市と同じ地域区分3に分類。3地域における断熱基準ごとのUA値は、以下のとおりです。

 

【3地域の断熱基準別UA値】

基準

UA値(W/m2・K)

省エネ基準

0.56

ZEH基準

0.50

HEAT20 G1水準

0.38

HEAT20 G2水準

0.28

HEAT20 G3水準

0.20

 

参考元:移住情報サイト 佐久にくらす|気候の詳細をみる

参考元:佐久穂町 | 位置と地勢

参考元:国土交通省|地域区分新旧表

参考元:国土交通省|省エネ基準の概要

参考元:国土交通省|ZEHの定義(改定版)<戸建住宅>

 

北佐久郡軽井沢町は2地域に分類

 

北佐久郡軽井沢町は、長野県の東端にある群馬県との境に位置する街です。標高900mから1,000mの高原にあるため、年間の平均気温が9℃前後と、夏場は避暑地としても有名な冷涼な気候です。冬場は-10℃前後の厳しい寒さになることも多く、地域区分は札幌市や小樽市などと同様に2地域に設定。2地域における断熱基準ごとのUA値は、以下のとおりです。

 

【2地域の断熱基準別UA値】

基準

UA値(W/m2・K)

省エネ基準

0.46

ZEH基準

0.40

HEAT20 G1水準

0.34

HEAT20 G2水準

0.28

HEAT20 G3水準

0.20

 

参考元:長野県軽井沢町|位置・地勢

参考元:長野県軽井沢町|気象

 

UA値別に計算!室内温度と光熱費はこんなに違う

 

それぞれ異なる椅子がアクセントのダイニングキッチン

 

 

佐久市や軽井沢町、佐久穂町は特に冷涼地となっているため、住宅に求められる断熱性能も高く設定されています。もちろん、断熱性能が高ければ高いに越したことはありません。しかし、その分建築時にかかる費用が高くなるのも事実です。

 

それでは、実際にどれほどの断熱基準を目指せばよいのでしょうか。実際にUA値ごとに室温と光熱費を見比べて、検討材料にしてみましょう。

 

UA値ごとにみる室温の違い

 

UA値ごとの室温はHEAT20の「外皮水準地域補正ツール」を使用すると計算できます。このツールは地域とUA値を設定することで、冬に暖房がない状態の最低室温や、省エネ基準と比べて暖房負荷がどれほど削減できるかを割り出します。3地域に設定されている佐久市、佐久穂町における値と2地域に分類されている軽井沢町における値は以下のように算出されました。

 

【3地域(佐久市・佐久穂町)における暖房期最低室温と暖房負荷削減率】

基準UA値(W/m2・K)

暖房期最低室温

暖房負荷削減率

省エネ基準(0.56)

概ね8℃を下回らない

-

ZEH基準(0.50)

12.9 ℃

28.7 %

HEAT20 G1水準(0.38)

13.0 ℃

28.8 %

HEAT20 G2水準(0.28)

14.0 ℃

41.1 %

HEAT20 G3 水準(0.20)

15.4 ℃

60.2 %

 

【2地域(軽井沢町)における暖房期最低室温と暖房負荷削減率】

基準UA値(W/m2・K)

暖房期最低室温

暖房負荷削減率

省エネ基準(0.46)

概ね8℃を下回らない

-

ZEH基準(0.40)

13.9 ℃

3.0 %

HEAT20 G1水準(0.34)

14.2 ℃

15.6 %

HEAT20 G2水準(0.28)

14.8 ℃

29.6 %

HEAT20 G3 水準(0.20)

16.0 ℃

50.4 %

 

このようにみると、冷涼地である軽井沢町はZEH基準を達成しても、暖房不可削減率はたったの3%ほどにしかならないことが分かります。軽井沢町では、最低でもHEAT20のG1水準以上を目指せば、暖房負荷を減らして節電につながるといえるでしょう。

トモノでは、基本的な外皮性能をUA値0.39W/m2・K以下に設定しているため、より高い断熱性能が期待できるでしょう。

 

参考元:一般社団法人 2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会|外皮水準地域補正ツール

 

>>参考コラム:佐久市の気候を徹底解説!佐久市の寒さでも耐えられる家づくりのポイントとは

>>参考コラム:軽井沢町の気候を徹底解説!軽井沢町の寒さでも耐えられる家づくりのポイントとは

 

UA値ごとにみる光熱費の違い

 

水道光熱費や家計のイメージ

 

 

UA値ごとに光熱費を割り出すためには、「住宅の省エネ性能の光熱費表示検討委員会 とりまとめ案」にある計算式を用います。これによると、目安光熱費は設計二次エネルギー消費量に燃料単価を掛けて算出します。設計二次エネルギー消費量とは、建物に設置されている冷暖房や給湯器などの設備が、1年間に消費する二次エネルギーを設計仕様の条件で算出したもので、一般的には「消費電力量」といったほうが分かりやすいかもしれません。

 

この設計二次エネルギー消費量(=消費電力量)は、国立研究開発法人建築研究所の「エネルギー消費性能計算プログラム」で計算できます。このプログラムで算出した設計二次エネルギー消費量に、全国家庭電気製品公正取引協議会が定める電気代の目安単価31円/kWhを乗じた結果が以下のとおりです。

 

【3地域(佐久市・佐久穂町)UA値別年間光熱費】

基準UA値(W/m2・K)

消費電力量

年間電気代

省エネ基準(0.56)

5,171kWh

160,301円

ZEH基準(0.50)

4,976kWh

154,256円

HEAT20 G1水準(0.38)

4,597kWh

142,507円

HEAT20 G2水準(0.28)

4,328kWh

134,168円

HEAT20 G3 水準(0.20)

4,132kWh

128,092円

 

【2地域(軽井沢町)UA値別年間光熱費】

基準UA値(W/m2・K)

消費電力量

年間電気代

省エネ基準(0.46)

5,652kWh

175,212円

ZEH基準(0.40)

5,337kWh

165,447円

HEAT20 G1水準(0.34)

5,095kWh

157,945円

HEAT20 G2水準(0.28)

4,853kWh

150,443円

HEAT20 G3 水準(0.20)

4,536kWh

140,616円

※設計二次エネルギー消費量の床面積は初期値の120.08㎡を使用

※ガス料金は差が出なかったため割愛

 

このように、省エネ基準とHEAT20 G3水準とで比べると、3地域に該当する佐久市や佐久穂町では、光熱費に3万円以上の差が出ることが分かります。さらに、2地域の軽井沢町では、3.5万円近くの差額に。年間たった数万円と感じるかもしれませんが、マイホームに長く住むことを考えると、断熱性能を高めれば、節約できる光熱費の差額が大きくなるのです。

 

参考元:国土交通省|住宅の省エネ性能の光熱費表示検討委員会とりまとめ案

参考元:国土交通省|建築物省エネ法に基づく建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制参考元:度ガイドライン

参考元:国立研究開発法人 建築研究所|エネルギー消費性能計算プログラム

参考元:公益社団法人 全国家庭電気製品 公正取引協議会|よくある質問 Q&A

 

>>参考コラム:佐久市周辺での一戸建ての維持費は?注文住宅の光熱費や税金などを徹底解説!

 

佐久市周辺で断熱性能の高い注文住宅を建てるならトモノへ

 

外灯に照らされた美しい外観

 

 

このように、冷涼値である佐久市や南佐久郡佐久穂町、北佐久郡軽井沢では、温暖な地域に比べてより高い断熱性能が求められます。最低でもZEH基準以上の断熱性能を備えることで、くらしやすさや光熱費の節約につながるといえるでしょう。

 

トモノでは、365日快適に暮らせるマイホームにこだわり、創業時から高性能な住宅づくりに携わってきた職人の技術で安心できる住まいづくりをお約束しています。熟練の職人による確かな施工によって、すき間のない住宅を実現。自信があるからこそ、全棟気密測定をおこない、住宅の断熱性能に欠かせない気密性の高さも持ち合わせています。佐久市周辺で性能の高い注文住宅を検討している方は、是非トモノまでお気軽にご相談ください。

 

>>佐久市周辺エリアの気候に適した高断熱住宅が建てられる、トモノの家づくりについてはこちら

 

 

 

記事監修者:一級建築士 高地 可奈子

工学部建築学科卒業・大学院修了後、建築設計事務所勤務。建築設計事務所では、建築意匠設計、木造構造設計に携わる。その後大手経営コンサルティング会社を経て、現在は設計経験を活かしつつ、商品磨き、新メニューやツールの開発、研修などを通して工務店支援を行っています。

 

 

* * * * * * * * * * *

 

 

長野県 北信 東信地域・長野市・上田市・東御市・小諸市・佐久市・軽井沢町で設計士とつくる注文住宅 新築一戸建て デザイン住宅 は住宅会社・工務店のトモノにご相談ください。

一覧へ

CONTACT お問い合わせ CONTACT お問い合わせ

トモノの家づくりに興味がある方は
「来店予約をしたいのですが    

お気軽にお問い合わせください

tel.0267-888-7350 tel.0267-888-7350

Welcome!

Welcome!

トモノ スタッフ 写真

ページの先頭へ戻る