Blog

ブログ2021.05.04

注文住宅をお考えの方へ!収納づくりのポイントを紹介します!

「収納が上手く作れない」「収納づくりのポイントって何だろう」
注文住宅をお考えの方で、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
収納は家の中をすっきり見せるために欠かせないものです。
そこでこの記事では、収納づくりのポイントについて解説します。
ぜひ参考にして住まいづくりをしてください。

 

□収納づくりのポイントとは?

収納を作る際のポイントを3つ紹介します。

1つ目は、収納スペースと収納したいもののサイズがあっているか確認しておくことです。
収納スペースを広めにとったとしても、実際に入れようとすると上手く収納できないというケースがあります。
収納スペースを作る前に、幅、高さ、奥行きが収納したいものと合っているのかしっかり確かめましょう。

2つ目は、生活動線を考慮することです。
収納スペースを作る際には、実際の生活を思い浮かべることも重要です。
例えば玄関だと、お客用のシューズボックスと住人用のシューズボックスを分けておくと良いでしょう。
たとえ玄関が混雑しても、動線を分けておけば靴は取り出しやすくできます。

3つ目は、使用頻度で分けることです。
頻繁に使うのに、取り出しにくい位置に収納してしまうと不便ですよね。
このような場合、使用頻度で収納場所を分けておけば、取り出しやすいです。
あまり使わないものは屋根裏に収納して、よく使うものはリビングに片付けるという風にしておけば整理がしやすいでしょう。

 

□収納のアイデアとは?

ぜひ参考にしていただきたい収納のアイデアを3つ紹介します。

1つ目は、収納専用の部屋を作ることです。
収納をするために1部屋を設けることで、リビングや寝室をすっきりと片付けられます。
洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりするために利用しても良いでしょう。
思い切って1部屋を収納のために使うことで、他の生活スペースが綺麗に片付きます。

2つ目は、デッドスペースを活用することです。
住宅の床下や階段脇などにデッドスペースができることがあります。
そのようなスペースを無駄にすることなく、収納に使うことをおすすめします。
注文住宅であれば好きな場所に床下収納を作れると思うので、検討してみると良いかもしれません。

3つ目は、TVボードの裏に回遊できる収納スペースをつくることです。
壁から1メートルほど離れた位置に、装飾壁とTVを設置することで、装飾壁裏に小スペースができます。
このスペースをリビングクロークとして活用すると、DVDやゲーム機、音楽機材などが収納できて便利です。
隅々まで無駄にせず収納に使うことで、すっきりとしたリビングを保てるでしょう。

 

□まとめ

今回は、収納づくりのポイントとアイデアについて紹介しました。
動線を考えたり、使用頻度を考えたりして収納スペースを作ると良いです。
また、収納部屋を作ったり、デッドスペースを活用したりして物を片付けると良いでしょう。
注文住宅を建てる際に、ぜひ参考にしてみてください。

一覧に戻る

トップに戻る