Blog

ブログ2021.04.26

バルコニーを作る時のポイントとは?マイホームを考えている方必見です!

マイホームを考えている方で、バルコニーをお考えの方はいらっしゃいませんか。
バルコニーを設置する際には、ぜひ知っていただきたいポイントがあります。
せっかくなら理想的なバルコニーを作りたいですよね。

そこで今回は、バルコニーを作る際のポイントについて解説します。
マイホームを建てる際に参考にしてください。

 

□バルコニーのメリットとは?

バルコニーのメリットを3つ紹介します。

1つ目は、布団や洗濯物を干せることです。
「良い天気の時にはなるべく外で洗濯物を干したいけど、周りの視線が気になる」
このように思われる方もいらっしゃいますよね。
バルコニーを設置すれば、周りの視線に悩まされることはありません。
また、室内よりも日当たりが良いので、洗濯物の乾きも早いです。

2つ目は、家庭菜園ができることです。
日当たりの良いバルコニーであれば、プランターなどを設置して家庭菜園ができます。
お庭が狭くて家庭菜園ができない場合も、バルコニーであれば簡単に野菜が育てられると思います。
手軽に野菜を育てられて毎日の生活が楽しくなりますね。

3つ目は、開放的な空間を手に入れられることです。
バルコニーに家具を置いて、太陽の下で朝食をとったりコーヒーを飲んだり読書をしたりできます。
部屋の延長線上としてバルコニーを利用することで、空間も気持ちも開放的に感じられるのではないでしょうか。

 

□バルコニー設置の注意点とは?

バルコニーを設置する際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、水道をつけることです。
バルコニーは外と繋がっているので汚れが付きやすく、定期的に掃除をする必要があります。
水道を設置しておけば、汚れを流したり手すりを拭いたりする際に便利です。
バルコニーで水道を使う機会は多いので、設置することをおすすめします。

2つ目は、日当たりが悪くならないように意識することです。
バルコニーに屋根を設けたものを、インナーバルコニーと呼びます。
インナーバルコニーにすることで、多少の雨なら洗濯物を干しっぱなしでも大丈夫になります。
しかし、インナーバルコニーの屋根が大きくなればなるほど、1階部分の日当たりが悪くなってしまいます。
バルコニーだけ日当たりが良くても、1階部分に光が入らないと快適に過ごせないため注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、バルコニーを設置する際のポイントについて解説しました。
設置することで、布団や洗濯物を干せたり、家庭菜園を楽しめたりするメリットがあります。
また、バルコニーの屋根部分が大きくなりすぎると1階の日当たりが悪くなるので注意してください。
マイホームを建てる際に、ぜひ参考にしてください。

一覧に戻る

トップに戻る