Blog

ブログ2021.04.19

注文住宅をご検討中の方へ!太陽光発電のメリットとは?

「注文住宅を建てて、太陽光発電を導入したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
太陽光発電を導入すると光熱費が削減できるだけでなく、他にもメリットがたくさんあります。
今回の記事では、太陽光発電を導入するメリットと注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□太陽光発電を導入するメリットをご紹介

ここでは、太陽光発電を導入するメリットを3つご紹介します。

 

*光熱費を削減できる

1つ目のメリットは、光熱費を削減できることです。
皆さんは、電気料金には昼が高く夜が安いプランがあることをご存じですか。
これを活用して昼間に自家発電した電気を使うようにすれば、効率よく光熱費を抑えられますよ。

エコキュートを導入してオール電化にすると、自家発電の電力で給湯器までカバーできます。
エコキュートの導入によりガス代を節約でき、さらに電力は自宅で発電するので、大幅に光熱費を削減できますね。

 

*住宅の断熱効果がある

2つ目のメリットは、住宅の断熱効果があることです。
これはあまり知られていませんが、大きなメリットです。

なぜ太陽光発電が住宅の断熱効果をもたらすのでしょうか。
それは、屋根の上にソーラーパネルを設置することで、光と熱を吸収してくれるからです。
屋根に何もないと直射日光が家に降り注いでしまうことを考えると、この断熱効果は期待できそうですね。
冬であれば、部屋の中の暖かい空気が出ていくのを防げるので、室内温度を一定に保てますよ。

 

*地球にやさしいエネルギーを利用できる

3つ目のメリットは、地球にやさしいエネルギーを利用できることです。
日頃から環境問題が懸念されていますが、個人で貢献することは難しいですよね。
ですが、太陽光発電を導入することで、個人でも自然エネルギーを活用できます。
地球にやさしいエネルギーを利用していると実感できれば、暮らしも豊かになりそうですね。

 

□太陽光発電を設置する際の注意点をご紹介

続いて、実際に太陽光発電を導入する際の注意点をご紹介します。

太陽光発電を設置する際に気を付けたいのが、雨や積雪といった天候への対策です。
ソーラーパネルを設置する際には、パネルを固定する金具を屋根に留めるための穴を開けます。
この穴がしっかりと塞がっていなければ雨漏りの原因になってしまいます。
こういった事態を防ぐためにも、屋根の構造についてしっかり理解しておくと良いでしょう。

また、積雪によるトラブルも多くみられます。
ソーラーパネルの上に雪が積もると発電量が下がるだけでなく、ソーラーパネルが割れてしまう可能性があります。
傾斜を大きくすることで雪を落ちやすくして対策しましょう。

さらに雨漏りや積雪だけでなく、落雪にも気を付ける必要があります。
ソーラーパネルの表面は滑りやすいので、予期せぬ方向に雪が落ち、下にいる人が怪我をしてしまう可能性があります。
雪止めをきちんと設置して対策しましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、太陽光発電のメリットと注意点をご紹介しました。
光熱費削減や断熱効果など、メリットが大きい太陽光発電ですが、天候に対してしっかり対策することが重要でしたね。
当社では、雪が多い地域の暮らしに寄り添った家づくりを提供しています。
気になることがあればお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

トップに戻る