Blog

ブログ2021.03.21

家事が楽になる間取りとは?注文住宅を検討している方必見です!

注文住宅の購入をお考えで、こだわって間取りを決めたいという方はいらっしゃいませんか。
間取りを自由に決められるのは注文住宅の強みですよね。
しかし、自分好みの間取りだけを取り入れると、使い勝手の悪い家になるかもしれません。
では、間取りを考える際は何を重視すれば良いのでしょうか。

 

□家事がしやすくなる間取りのポイントとは

間取りを考える際に特に重要視していただきたいのが、家事動線です。
家事動線とは、家事をする際の人の動きを表す線のことを指します。
この動線を意識して間取りを配置し、住宅内での移動にかかる無駄な時間を短縮することで、家事への負担は一気に減少するでしょう。

これに加えて、回遊動線を意識することも非常に重要です。
回遊動線とは、家の中に行き止まりがなく、家中を簡単に回れる動線のことを指します。
例えば、水回りを一カ所に集め仕切りをできる限り少なくし、行き止まりをなくすことです。
このようにすると、水回りを一周できる間取りが完成し、家事の作業効率が上がるでしょう。

限りある時間を有効利用するためにも、これらを意識することをおすすめします。

 

□間取りを考える際に気をつけた方が良いポイントをご紹介!

何も考えずに間取りを決めてしまうと、完成してから後悔することになるかもしれません。
ここからは、それを防ぐためのいくつかの注意点についてご紹介します。
間取りについて考える際は、この注意点を頭に入れておくことをおすすめします。

1つ目の注意点は、部屋のバランスを考えることです。
家の大きさには限度があるため、設置したい部屋に優先順位をつけて設計すると良いでしょう。

また、お子さんが成長した未来を想像して間取りを考えることも重要です。
間取りを変えられるようにしておくことで、柔軟に対応できるでしょう。

2つ目の注意点は、収納スペースの配置についてです。
収納スペースは、ものを取り出しやすい場所につくるようにしてください。
これを意識することで、使い勝手の良い家になるでしょう。
また、間取りを考えた際に空いたスペースを収納として有効活用することもおすすめです。

 

□まとめ

今回は、家事の負担を軽減する間取りのポイントと間取りを考える際の注意点についてご説明しました。
間取りを決める際は、動線を意識することで使い勝手の良い家が完成します。
日々の生活の質を向上させるためにも、今回ご紹介したポイントを意識して間取りを設計してください。

一覧に戻る

トップに戻る